忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/09/23 19:54 |
まんがの話をするシモデジさん。 by シモデジ
唐突に、僕が最近読んでるマンガでもご紹介。

つうかね、この前の秋田おたくオフ会で「マンガトーク」が出来なかったので、ええ。
うう、マンガトークしでがったでぇ・・・w

【のりりん (イブニングKC)】
noririn.jpg
「なるたる」「ぼくらの」(どちらもアニメ化したので、ご存知の方も多いかもしれませんね)の鬼頭莫宏氏による、自転車(厳密にはロード。この辺は本編を読めばしっかり解説してるから、気になる方はどうぞ)なマンガ。最近、色々と自転車(ロード)を題材にしたマンガは見られまして、こちらもそのうちの一つ。ちなみに、主人公はこの女の子じゃないですw
主人公は元々自動車乗る男で、「自転車なんて死んでも乗らねぇ」なんて言うカタブツ野郎だったのですがひょんなことからロードに乗ることになり・・・という話。「今のところ」ギャグあり、恋あり、のほほんな雰囲気あり、また鬼頭先生のタッチがいい感じでシモデジ好み。力みすぎず、でもナヨナヨしすぎてない、不思議な感じがいい感じです。
余談ですが、「のりりん」でGoogleの画像検索かけたら一番上に「なるたる」の「のりりん」がきたぞ。
このGoogle先生とは一杯酒を交わしたいと思ったね。

【真説 ザ・ワールド・イズ・マイン (ビームコミックス)】
twim.jpg
「トシモン」コンビとして世界中を震撼させたテロリストコンビ「トシ」「モンちゃん」が特に目的もなく日本を北上、同時期に現れた謎の巨大怪獣「ヒグマドン」が北海道に出現し日本を南下し・・・という、そんな話。
その昔、知人と一緒に大館市の桂城公園に行って魔法瓶爆弾を探しにいったのは懐かしい思い出です。
というのも、このマンガは「秋田県秋田市や大館市が舞台の一つになっている」のですよ。まぁ、破壊の限りを尽くすテロリストと巨大怪獣が出てくるマンガですよ、まぁ大方の予想通りに秋田市も大館市もロクでもねぇことになるのは事実だっつーか表紙で全部悟っておくれ。
ちなみに、この上の画像は新装版の第3巻で登場人物のトシが表紙とかって中途半端なヤツなんですが、これは単に僕が「トシ」が好きなキャラクターだからってだけでセレクションしてみました。

【木曜日のフルット(秋田書店)】
flutto.jpg
最後に紹介するは、少年チャンピオンで2ページ連載してある、クスっと笑えるチョイマンガ。
野良猫なんだけど、鯨井先輩(後ろの女性)から絵づけしてもらったりして、半飼い猫状態な中途半端なネコの日常やらを描いた、ゆる~いマンガ。絵を見てピンときた人も多いのでは。そうです「それでも町は廻ってる」の作者(石黒正数)様の作品なんですよ、コレ。週刊少年チャンピオンが木曜日発売なので、なんとなく「あー今週はチャンピオン発売日か。ちゅーこたぁ、フルットに会えるぜぇ」とか思えるタイトルなのが、またかわいくて、いい感じです。ネコ好きでも、そうでない人もオススメですよ。
ちなみに、この前の秋田おたくオフ会に参加しておつかいにいった時に、待ち時間潰すためにほしかったついでに買ったんだよコレ。やっぱ面白いよー。フルットかわいいよ、フルット。



ということで、今回はこの3作品をご紹介。
なんとなく「全然ジャンルが違うけど、とりわけ僕が好きな作品」を紹介してみました。

拍手[1回]

PR

2011/04/21 02:29 | Comments(0) | TrackBack(0) | 日記的な何か

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<卓球台には魔物が棲む by ゆふてい | HOME | 【ゴジラ】?代目>>
忍者ブログ[PR]